旅行 水族館

海遊館はデートにおすすめなのか【料金・アクセス・見どころ解説】

2020年10月13日

スポンサーリンク

カップルデートで「海遊館」を考えている人へ

  • 海遊館はデートにおすすめなのか
  • 見どころはどんなところ

気になりますよね。

結論から言うと、ジンベエザメを見てみたい人にはおすすめです。

本記事の内容

  • 海遊館のおすすめ度
  • 料金とアクセスについて
  • 館内を回るのにかかる時間
  • 混み具合について
  • 海遊館の見どころ

こんな感じでお伝えしていきます。

ボクたちは月に1回カップル旅行をするために日々仕事を頑張っています。

海遊館のデートおすすめ度

海遊館のおすすめ度は★4.0くらいおすすめ。

  • 値段:★★★
  • 生物の種類:★★★★★
  • アクセス:★★★★★
  • イベント:★★
  • 混雑度:★★★★

やっぱり他の水族館では見られないジンベエザメが見れるのがポイントですね。

それでは詳細をお伝えしていきます。

他の大阪府の水族館についてはコチラ

海遊館の料金とアクセスと目安予算

大人
(高校生・16歳以上)
子ども
(小・中学生)
幼児
(3歳以上)
シニア
(65歳以上)
2,400円1,200円600円2,200円

※すべて税込価格
※各種クレジットカード、電子マネーに対応
※WEB時間指定券は入館希望日の10日前から予約可

1人当たり2,400円なので、カップルで4,800円ですね!

これは、全国の水族館の中でも上位10位以内に入る料金価格です。

海遊館へのアクセスについて

所在地:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

車の場合
名神高速道路→阪神高速池田線豊中ICから約30分
西名阪自動車道→松原JCTから阪神高速松原線で約45分

パーキング代
平日  :200円 / 30分[最大料金 1,200円]
土日・祝:250円 / 30分[最大料金 2,000円]

電車の場合
大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

こんな感じです。

目安の予算

チケット代:4,800円
パーキング代:1,200 or 2,000円
昼食代:2,000円
館内カフェ:1,500円

合計:9,500円~10,300円

所要時間と生物の種類

海遊館を回るのにかかる時間は、平日の場合は約3時間

平日は割と混雑していないくて、見たい生物を見るのに待つということはありませんでした。

休日の場合であれば、混雑を考慮してもう30分ほどかかってしまうでしょう。

海遊館ではショーは開催されていないので、これくらいの時間があれば観まわれると思います。

ですが、館内は縦に大きく移動にはそこそこ時間がかかってしまいます。

女性のことを想うとペースに気を配りたいので少しペースを落とすことや、館内のカフェや椅子でケースを観ることを考えるともう少し時間を多く見積もるといいかもしれません。

生物の種類は620種、30,000匹

この数字は世界でも最大級と称されるほどです。

この海遊館で世界中の海の生物の一部が観られるほどでしょう。

特におすすめなのは、マンタジンベエザメです。

あんなに大きな生物を間近で観ると、その迫力には圧巻されます。

ジンベエザメを背にカップルで写真が撮れたらラッキーですね。

平日であれば、そんなことも全然可能ですよ!

見どころは生きものたちのお食事タイム

見るだけではわからない、生きものたちの不思議な生態を紹介する「お食事タイム&スポットガイド」!!

生きものたちのお食事にあわせて、専門のガイドや水槽の中の飼育係員が楽しく、詳しく解説します。

なんといっても、アクリルパネルの間際にやってくる生きものたちは迫力が満点!

まるでショーを見ているように楽しみながら、今まで気づかなかった生きものたちの不思議について学ぶことができます。

引用:海遊館 生きものたちのお食事タイム

海遊館ではイルカやペンギンといった生物を含めて、11スポットで生物の食事の様子が間近で観られます。

普段観られない食事の様子は、癒しと驚きを与えてくれるでしょう。

カップルで行くと、2人の仲を1番深めてくれるのは、この瞬間だと思いますよ。

まとめ

最後にまとめると

  • チケット代はカップルで4,800円
  • 予算は10,000円を見積もっておく
  • アクセスは充実している
  • 平日は混雑していない
  • おすすめの生物はジンベエザメとマンタ
  • 見どころは生きものたちのお食事タイム

といった感じです。

海遊館は世界最大級といわれるだけあって、迫力のあるコーナがたくさんあります。

カップルで行くにはおすすめですし、海遊館のそばには「ユニバーサルスタジオジャパン」もあるので、そちらに行くのもいいですよね。

楽しいカップルデートを(`・ω・´)

これでおわり。
またの記事で(@^^)/

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

きょう

どうも。きょうです。いろんな経験を経て目標だった整体師をやっています。今は、月1の旅行を楽しみに日々仕事を頑張っている感じですね。旅行の目的は水族館・動物園なので、好きな人はちょくちょく見に来てくれると嬉しいです(=゚ω゚)ノ

-旅行, 水族館
-,