同棲 準備

手持ちが少ない人向け!同棲の初期費用と抑えるポイント

スポンサーリンク

ぼく

こんにちは、きょうです。

こんにちは、にゃぎです。

にゃぎ

同棲を考えているカップルさん。

  • 同棲の初期費用ってどれくらいかかるの?
  • 手持ちが少ないからなるべく費用を抑えたいんだけど…

そう思っているあなたに、実際に同棲を始めた時の初期費用と抑え方をお伝えしていきます。

ボクたちは月に1回カップル旅行をするために日々仕事を頑張っています。

同棲の初期費用は賃貸の初期費用+家電代

同棲にかかる初期費用をざっくりお伝えすると、賃貸の初期費用+家電代といった感じです。

賃貸の初期費用は、家賃の5ヶ月分くらい。家電は冷蔵庫と洗濯機は最低限必要ですめ。例えば、家賃5万の家ならば25万+家電は6万くらいで揃うので、合計は約30万といったところです。

現金30万は結構きついですよね…

なので、そんな方のために、これから初期費用を抑えるポイントをお伝えしていきます。

同棲の初期費用を抑えるためのポイント

まず抑えていく必要があるのが、賃貸の初期費用ですよね。

ここは僕たちも相当悩みました。どうにか初期費用を抑えられないものかと…

そんな僕たちがたどり着いたのがポイントがコチラ

  • 家賃を下げる⇒6万円の予定を4万円に
  • 敷金礼金のない物件に絞る⇒8万円近く浮く
  • 月末に入居する⇒日割り家賃を軽減

いたって単純なことですが、これだけでも10万円近くは安くなるはずです。

さらに僕たちは初期費用をカード決済可の物件にして、分割することでかなり初期費用を抑えました。(分割手数料は発生するので注意)

なので、賃貸の初期費用は20万くらいだったのですが、実際には毎月2万円の支払いになっています。

毎月2万の支払いで一緒に住めるようになるならいいね!という感じでしたね。

家電にかかるお金を抑えるならリサイクルショップ

さて、部屋が決まっても、家電がないと生活できないですよね。

優先的に購入すべき家電は、冷蔵庫洗濯機だと思います。まぁすでに持っているなら業者に頼んで、運んでもらえばいいだけなんですけどね。

そうではない方なら、どこかで購入するか譲りうけるしかないのですが、普通に家電量販店で買うとだいたい、冷蔵庫も洗濯機も二人暮らしサイズなら3万くらいはしますよね。

いやぁ賃貸の初期費用に加えて、6万はキツイなぁという方には、リサイクルショップがおすすめです。

リサイクルショップだと、少しキズがついているものはありますが、3万もあれば冷蔵庫と洗濯機を買いそろえることができます

これもカードで支払っちゃえば、初期費用をほぼ0にすることもできますけどね。

ただ、毎月の家賃に駐車場代、そこに支払いが重なるとそこそこキツイので、家電は現金で購入することをおすすめします。

僕たちもリサイクルショップで家電は買いそろえたので、3万くらいに抑えることができました。

初期費用に関するまとめ

同棲にかかる初期費用は、家賃5万でも30万近くかかってしまうけど、賃貸の条件を下げて、家電もリサイクルショップで揃えれば、10万近く初期費用を抑えることができます。また、カード決済を用いることで、賃貸の初期費用を分割できるので、手持ちが少ない人にもおすすめなんじゃないかなと思います。

やっぱり好きな人と暮らしたい気持ちは分かりますし、いいところに住みたい気持ちも痛いほど分かります。ただ手持ちに余裕がないなら2年くらいは貯金のために我慢して、上記のようなことを実践してみるのもいいんじゃないでしょうか。

貯金ができれば、次は初期費用に悩まずに部屋や家電を選ぶことができるので(^^)/

それでは素晴らしい同棲生活を(*‘∀‘)


これでおわり。
またの記事で(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

きょう

どうも。きょうです。いろんな経験を経て目標だった整体師をやっています。今は、月1の旅行を楽しみに日々仕事を頑張っている感じですね。旅行の目的は水族館・動物園なので、好きな人はちょくちょく見に来てくれると嬉しいです(=゚ω゚)ノ

-同棲, 準備
-, ,