ライフスタイル

RX-8に4年乗った感想は控えめに最高だった【理由は3つ】

2020年9月1日

スポンサーリンク

ぼく

こんにちは。きょうです。

車選びでRX-8を視野に入れている人

  • RX-8を購入して後悔しないかな
  • 故障が多いイメージだけど
  • 実際に乗っていた人の感想をききたい

そんな人におススメの記事です。

この記事を読み終えたあなたは

  • RX-8の魅力がわかる
  • 年間の維持費がわかる
  • 購入した際に気を付けるべき管理項目がわかる

こんな感じになります。

まず結論から言うと、購入して後悔はしません。

ぼくは19歳でRX-8を購入し、約4年乗り続けていました。初めての車で思い出補正も入っているとは思いますが、整備なるべくも自分や友達でやっていたので、リアルな感想をお届けできると思います。

RX-8に乗ってよかった理由

ここでは、「RX-8」に乗ってよかったと思う理由を3つほど挙げます。

ぼくの正直な感想をお届けしつつ、RX-8の購入で悩んでいる人の参考になればと思います。

理由1:運転が楽しかった

ボクはMT仕様に乗っていましたが、とにかく運転が楽しかったです。

一応ぼくが運転したことのある車は、~フィット、アコード、ストリーム、アテンザ、ハイエース、タント、S660、レガシィ、スカイラインクーペ~こんなラインナップです。

RX-8で地元の田舎道、峠道、高速道路、街乗り、路面が整備されていない道路などを約5万km走行しました。

その5万kmの中で運転がつまらないと思ったことはないです。コーナーも素人ながらにも安定している感は強かったです。

加速はレガシィやスカイラインクーペの方があるかなと思いますけど(笑)

ただ普通に運転していて、本気に加速が必要なときってそうないので大丈夫です。

シフトノブは純正ではおにぎり型、途中からシフトノブを変えましたが、純正のノブはストンとシフトチェンジできる感覚がよかったです。

山道にドライブした時は、まるで道路と一体化してるような感覚に(^^)/

ステアリングやブレーキも問題なく、ブレーキ性能に関しては2015年までは国土交通省の試験において最高の数字を出していました。

こんな感じで、運転を楽しみたい方が購入しても後悔することはないでしょう。

理由2:スポーツカーなのにそこそこ燃費がいい

流石に街乗りだとリッター10kmは切ってしまうけど、高速であればリッター13.14kmくらいでます。

スポーツカーの分類の中では優秀な数字でしょう。

正直燃費を最優先したい方にはおススメはできませんが、そもそもそういう方はこの記事を見ていないと思うのでスポーツカーの分類では燃費は良いと言えます。

理由3:ロータリーサウンドがいい

RX-8と言えば、なんと言ってもロータリーエンジン。現在(2020年)では、最後のロータリーエンジン搭載の車ですね。

僕は整備士でもないので、エンジンの構造に詳しくはないですが、それでも1速、2速で引っぱったときのロータリーサウンドは他の車では絶対に味わえないものがあります。

ブォォォンというよりは、ウィィィンという感じです(笑)

年間の維持費

ぼくはだいたい月に1000kmくらい走っていたので、それを基準にお伝えできればと思います。

保険料

20歳で月15000円くらいでした。車両保険も安めに設定しつつ、当時は車関係の企業に勤めていたので本来であればもう少し高いかもしれません。

車を運転するということは、いつも以上に命に直結する事故に合う可能性も人を傷つけてしまう可能性も格段に上がるので、保険は必須ですよね。

ガソリン代

RX-8のガソリンタンクは65ℓとだいぶ大きいです。

月に1000km走るなら12500円くらいです。当時はハイオク125円くらいだったのでいまなら15000円はかかるとおもいます。

ちなみにガソリンを満タンにすると、ガソリンの比重から考えると約50kg増えるので、あまり満タンにはせずに走ることをおススメします。

税金と車検費用

RX-8は654cc×2=1308ccのロータリーエンジン補正で×1.5倍(1.4や2倍など変化があった?)で1,500cc超2,000以下の区分になります。

結果39,500円ですが、製造から13年経つと 45,000円くらいになるので注意。ぼくは2008式でした。

車検では、自賠責保険と自動車重量税と印刷代が必須です。

  • 自賠責保険はRX-8は25,830円
  • 自動車重量税は24,600円
  • 印刷代は3ナンバーなので1,800円(指定工場だと1,100円)

おまけ:改造費用

  •  
  • リアバンパー RE雨宮:本体価格:98,000円(工賃込みで17万くらい)
  • ボンネット、トランク カーボン調:工賃込みでボンネット5万、トランク2万くらい
  • アイライン ナイトスポーツ:本体価格12,000円(工賃込みで3万くらい)
  • マフラー Rmajic:税込みで15万(工賃込みで20万近かったような)
  • GTウィング Odula:本体価格:98,000(自分で取り付け)
  • カーナビはpioneer
  • ペダルはオートバックスで購入
  • シフトノブはRAZO
  • 牽引フック RE雨宮:本体価格11,000円(自分で取り付け)

注意すべき整備

ぼくはただの車好きで知識がすくなかったからこそ、整備項目には注意していました。

その中でも「RX-8」は特に注意すべき点を2つお伝えします。

1つ目:エンジンオイル

ロータリーエンジンの知識が少ないなら、目安はしっかりと守りましょう。

ロータリーエンジンについて詳しい人や整備できる人は少ないと聞きます。なので壊れてからでは遅いのでぼくは、3,000kmか3ヵ月に1回はエンジンオイルを交換していました。

エレメント交換はオイル交換の2回に1回という頻度でやっていましたが、乗っている間は特に問題なく、手放す際もエンジニアさんに8万km走っているけど元気な状態と言われました。

プラグかぶり

RX-8の冬の問題、プラグかぶりは気を付けてどうこうなるかは正直わかりません。急に来ることの方が多いと思うので。

気を付けることはちょい乗りをしないことくらいかなと……

体験談:問題が重なりまくった冬

仕事の関係で、冬季に1ヵ月以上の間RX-8を運転せずに放置していました。

久々に運転しようと思ったらエンジンがつかない。てかキーも反応しないし。

バッテリー交換をすると、カーナビやキーは復活。でもエンジンはかからない。

そこでデンソー製のプラグを購入し友達と交換。そこでエンジンが復活しました。おそらくプラグにすすが付きすぎて燃料に点火できなかったのか、壊れてしまっていたかだと思います。

自分たちで、トラブルしながら直したのはいい思い出です。ショップを意地でも頼らなかったおかげです(笑)

さいごに

ここまでRX-8の魅力やリアルな実態をお伝えしてきました。いいところもデメリットになる面もありますが、間違いない乗った人を後悔させる車ではないと改めて断言できます。

もし、RX-8に乗ることを決意された方は必ず中古車になると思うので選び方には気をつけてください( `ー´)ノ

この記事を読んでくれたあなたがよい相棒(車)に巡り会えますように(^^)

これでおわり。
またの記事で(@^^)/

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

きょう

どうも。きょうです。いろんな経験を経て目標だった整体師をやっています。今は、月1の旅行を楽しみに日々仕事を頑張っている感じですね。旅行の目的は水族館・動物園なので、好きな人はちょくちょく見に来てくれると嬉しいです(=゚ω゚)ノ

-ライフスタイル,
-