ライフスタイル

ガソリン車がなくなる?2030年に訪れるガソリン車の新車販売禁止

スポンサーリンク

ガソリン車がなくなる!?

ぼく

こんにちは。きょうです。

小池百合子東京都知事が、2020年12月8日に「2030年に東京都が100%非ガソリン化」という宣言をしました。

もともとは2030年の半ば頃に純ガソリン車販売禁止という表現だったんですけどねぇ

この宣言によって現在ガソリン車を所有している人は「マジか」と思ったのではないでしょうか?

というか車産業に勤める人もビックリですよね。特にスポーツカーなどをカスタマイズするショップにはたまったものじゃないかもしれません。

この記事では

  • なぜガソリン車をなくすか
  • 世界のガソリン車撤廃への動き
  • これから車を買う人はどうすべきか

について僕個人の意見も踏まえてお伝えしていきます。

純ガソリン車の販売禁止の理由

結構から言うと、環境問題への対策と他の国の脱炭素の動きがはやくその流れに遅れないようにするためだと思われます。

ぼく

やっぱり他の国よりも遅れたくはないという気持ちがあるんでしょうね。

純ガソリン車とそうでない車とは

純ガソリン車はいわゆるレギュラーハイオクディーゼル燃料だけで走る車のことです。

反対にそれ以外の車には、モーターとエンジンで走るハイブリッド車(HV)電力だけで走る電気自動車(EV)自宅や充電スタンドで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)水素と酸素で走る燃料電池自動車(FCV)となっています。

各エコカーの代表車種としては

HV『ハイブリッド自動車』:プリウス・アクア・フィット

EV『電気自動車』:リーフ・i-MiEV

PHV『プラグインハイブリッド自動車』:プリウスPHV・アウトランダーPHEV

FCV『燃料電池自動車』:MIRAI・クラリティ FUEL CELL

となっています。

2030年以降はこういったエコカーのみ新車が販売されるということですね。

うーん地球のことを考えるとしょうがないけど、やっぱり好きな車に乗り続けたいと思う人は多いと思います。スポーツカーのような車を楽しみたい人は、今後生産される車に期待するしかないですねぇ。

純ガソリン車が地球に与える悪影響

ではなぜ、純ガソリン車を禁止にするのかというと、ざっくり言うと、「ガソリン車の排気ガスには、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素、光化学スモッグの原因とされる炭化水素や窒素化合物など、さまざまな大気汚染物質を抑えるため」です。

要は環境に悪いものは出さないようにするためということ。

その点エコカーは排ガスを抑えられたり、排ガスを出さないので、環境問題を抱える現在においては自然の流れなのでしょう。

ちょっと気になるのが、フェラーリやランボルギーニといったメーカーはどうしていくんでしょうかね。電気で走るランボルギーニなんていうのも今後出てくるのでしょうか。

と思ったのですが、2019年に「シアン」という名で、ランボルギーニで初のハイブリッド車が発表されていました(笑)

他の国の脱炭素に向けた動き

次に世界の脱炭素に向けた動きを見ていきましょう。

脱炭素に向けて動きが進んでいるのは、イギリス・アイスランド・アイルランド・スロベニア・フランス・スペイン・カナダ・アメリカ(ケベック州,カリフォルニア州)・インド・中国などです。

2030年までにガソリン車を撤廃する方向を示した国は、イギリス・アイルランド・アイスランド・スロベニア・インド

2035年までにガソリン車を撤廃する方向を示した国は、中国・アメリカ(ケベック州,カリフォルニア州)

2040年までにガソリン車を撤廃する方向を示した国は、カナダ・フランス・スペインなどです。

またディーゼル車限定で見ると、2025年までにパリ・マドリード・アテネ・ローマ(2024年まで)が走行禁止と発表されているようです。

他の国は結構早く脱炭素に向けて動いてる印象をうけます。

ぼく

日本は2035年じゃダメなのかなぁ…

これから車を買う人はどうすべきか

2030年にこの世から純ガソリン車が消えるわけではないので、普通に新車の純ガソリンを購入しても大丈夫です。

ただし、2030年からは中古含めて新車も購入出来なくなるはずなので、好きな車が純ガソリン車の場合は早く楽しまないと後悔してしまうかもしれませんね。

別にこだわりがないよって場合は、燃費や税金などの維持費も考慮すると、次に購入する車はハイブリッド車やEV車の検討を強く勧めます。

地デジ化のようにいつかは国民全員が、純ガソリン車から離れるようになるんですねぇ。

これでおわり。
またの記事で(@^^)/

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

きょう

どうも。きょうです。いろんな経験を経て目標だった整体師をやっています。今は、月1の旅行を楽しみに日々仕事を頑張っている感じですね。旅行の目的は水族館・動物園なので、好きな人はちょくちょく見に来てくれると嬉しいです(=゚ω゚)ノ

-ライフスタイル,
-