旅行で大切 高速・夜行バス

【高速・夜行バス】おすすめの予約サイト5選【メリット・デメリット】

2020年11月28日

スポンサーリンク

ぼく

こんにちは。きょうです。

こんにちは。にゃぎです。

にゃぎ

高速バスや夜行バスでの移動を考えている人

  • どの予約サイトを利用するのがいいのかな
  • ぶっちゃけこだわりはないけど
  • メリット・デメリットを知りたい

こんな思いに答えます。

バスでの移動って体的にはきついこともあるけど、SAに寄ったり景色を楽しめる良さがあるので利用する人も多いと思います。

ぼく

夜行バスは、起きた朝が楽しみすぎる。

それに新幹線や飛行機に比べたら圧倒的に、価格が安いのも嬉しいですよね。

この記事では

  • バス予約サイトの紹介
  • 各サイトのメリット・デメリット
  • バス移動にかかせないアイテム(おまけ)

をまとめています。

ぼくも名古屋⇔東京間では夜行バスにお世話になっていたので、予約サイトで悩む気持ちがよく分かります。

自分の譲れないポイントがある人は、そのポイントで優れているサイトを利用するといいと思いますよ。

バス予約サイトの紹介

各予約サイトとメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ミルキーウェイエクスプレス

ミルキーウェイエクスプレス

  • 東京⇔仙台
  • 東京⇔名古屋
  • 東京⇔京都・大阪

がメインの路線となっています。

路線の数としては他のサイトと比べて少ない分、価格が安い特徴があります。

シートは3列(独立)と4列が選べて、3列の方がゆったりと過ごせる分、料金も少し高くなります。

にゃぎ

3列の場合だとパーソナルカーテンもあって、隣の人が気にならないよ!

またほとんどの路線のバスに、コンセントとUSBジャックがついているので、携帯やイヤホンの充電も安心です。

ミルキーウェイエクスプレスは、料金を重視した人にかなりおすすめで、評判もかなりいいサイトとなっています。

ちなみに出発日の10日前からキャンセル料が発生。

メリット・デメリット

メリット
・料金が安い(特にネット割)
・コンセントとUSBジャックが完備
・パーソナルカーテン(3列のみ)
・ほとんどのバスに無線LANがある

デメリット
・座席指定不可
・路線が少ない
・4列シートはせまい

公式サイトからの予約はコチラから ミルキーウェイ

バスのる

バスのるで予約できるブルーライナーは、関東から近畿を中心に九州地方まで幅広い路線を取り扱っています。

ブルーライナー最大の特徴としては、乗車地が豊富だと言えるでしょう。

公式サイトの乗車地一覧から確認できます。

乗車地一覧を見る

ぼく

東京、大阪以外の人も使いやすいかも。

料金に関しては4列シートの場合、平日が圧倒的に安いです。

乗り心地を無視&平日なら、ブルーライナーがおすすめです。

個人的には、公式サイトがわかりやすいのが好印象。各シートのメリット・デメリット、座席の幅なども細かく表示してくれています。

ちなみにキャンセルは8日前まで無料で、ブルーライナー便は日程変更1回無料です。

メリット・デメリット

メリット
・料金が安い(平日)
・全席コンセント付き
・フリーWi-Fi完備
・ミネラルウォーターが1人1本配られる

デメリット
・座席希望は窓側/通路側のみ
・3列シートは東京⇔大阪のみ
・4列シートはせまい

バスのる公式サイトからの予約はコチラ バスのる

バスブックマーク

バスブックマークは、高速ツアーバス会社17社の高速バスを比較できる予約サイトです。

バスブックマークの最大の特徴は、乗車金額の比較と予約までできることと言えますね!

日によっては、東京⇔大阪が2,000円以内で行けたりします。平均は3,500円くらいで週末は5,000円くらい。

にゃぎ

比較できるって安心だよね

また公式ラインからクーポンがもらえるのも大きな魅力。サイト自体も、細かいオプションを設定して検索できるので、比較的使いやすいサイトとも言えます。

ちなみに10日前からキャンペーン時料が発生します。

メリット・デメリット

メリット
・比較できるから料金が格安
・オプションが細かく設定できる
・サイトは使いやすい
・路線が多い

デメリット
・安いプランは施設が充実していない
・座席指定ができない
・預けられる荷物が他より小さい→100cm以内10kg以内

夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

JAMJAMライナー

JAMJAMライナーは、路線が豊富で乗車地が多いことで評判です。

JAMJAMライナーの最大の特徴は、繰り返しですが乗車地が多いことと、3列シートが他と比べて安いこと。

快適とまではいかないものの、少しでも楽な姿勢で乗りたい人におすすめと言えますね。

ぼく

夜行に慣れていない人は3列シートがいいからね

またSAのアナウンスがないので、途中で起きたくない人には嬉しいですよね。

口コミも悪くない、むしろいい方。

ちなみにキャンセル料は、乗車日の10日前から発生します。

メリット・デメリット

メリット
・3列シートが他に比べて安い
・乗車地が豊富
・アメニティが充実
・SAのアナウンスがない

デメリット
・座席指定ができない
・SAのアナウンスがない

公式ホームページからの予約はコチラ

バスぷらざ

バスぷらざは、日本旅行が運営する高速・夜行バスの比較ろ予約ができるサイトです。

全国にある116社のバス会社と提携していて、そこから利用したいバスが選べるのが最大の特徴。

JRハイウェイバスでポイントがつくのも魅力の一つのようです。

ぼく

ポイントがつくなら、なんやかんやで一番お得なのかな

116社と提携していますが、調べられない安いバスもあるので、必ず最安値とは限らないので注意。

ただ路線を選ぶだけで比較ができるので、使い勝手はかなりいい感じです。

メリット・デメリット

メリット
・116社から比較可能
・路線からバスが選択できる

デメリット
・各バス会社によってルールが変わる
・予約の便の確認などが深夜2時から5時まで出来ない

バスぷらざ公式サイトからの予約はコチラ

さいごに

ここまで高速・夜行バスについてまとめてきました。

高速バスは、他の移動手段に比べて圧倒的に安いぶん、体にかかる負担もそこそこあります。

なので

こういった、携帯型のネックピローは必須のものとなります。

少しでも体の負担を抑えられるアイテムは多数あるので、いろいろと検討することをおすすめします。

ではよいバス旅を(*‘∀‘)

これでおわり。
またの記事で(@^^)/

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

きょう

月1の旅行を楽しみに日々仕事を頑張っています。旅行の目的は水族館・動物園なので、好きな人はちょくちょく見に来てくれると嬉しいです(=゚ω゚)ノ

-旅行で大切, 高速・夜行バス
-

© 2021 コルログ Powered by AFFINGER5